« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

アースデイマーケット in 東雲へご来訪ありがとうございました!

トコトワのブースへご来訪くださいました皆様、誠にありがとうございました。
リピーターのお客様もおいでくださり、感謝しております♪

売切れの商品が多く、今回はわずかな紅玉りんごジャムと新商品のバレンシアオレンジジャムのみの販売となりまして、ご試食で紅玉りんごや他のジャムを求めるお客様には心苦しいかぎりでございました。。

秋の収穫から順次作っていきますので、次回は他の商品もお試しいただけるように
ご用意してまいります。その時まで、どうぞお楽しみに!

また皆さまとお会いできることを楽しみにしています♪

2008年8月27日 (水)

アースデイマーケット in 東雲 に出店します。8月30日(土)開催

8月30日(土)東雲のアースデイマーケットにトコトワが出店いたします。
時間は10:00~12:30。(前回より短いですのでお気をつけください。)

場所はお洒落な建物が建ち並ぶ、「東雲キャナルコート」です。

ご試食もございますので、ご近所のみなさま、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

今回は新商品のバレンシアオレンジジャムをお持ちする予定です。
夏の爽やかな美味しさをどうぞお楽しみに♪

2008年8月18日 (月)

8月のアースデイマーケットご来訪ありがとうございました!

当日は夏の熱さの休息日?だったようで少々肌寒いくらいでしたが、トコトワブースへご来訪くださった皆さま、誠にありがとうございました。
リピートのお客様も多くおいでくださり、感謝いたします。

新商品のバレンシアオレンジの蜂蜜ジャムをお客様がどのように感じとられるのか気になっていましたが、「オレンジをそのまま食べているみたい!美味しい!」というお客様が多く、ああ、そのように感じ取ってもらえればと思っていただけに、本当に嬉しく、ありがたかったです。

また皆さまとお会いできることを楽しみにしています♪

2008年8月16日 (土)

新登場!バレンシアオレンジの蜂蜜ジャム 

蜂蜜ジャムの新商品!国産バレンシアオレンジを使ったジャムのご案内です。

トコトワのジャムの中で今のところ、一番低糖度なジャムになりました。
しかし、柑橘類は他の果物より糖度が低めですので、蜂蜜をいつもより倍以上使った贅沢なものに仕上がっております。

今年はバレンシアオレンジの当たり年で大変質の良いオレンジで作ることができました。
和歌山県で育った貴重な国産のバレンシアオレンジを使った蜂蜜ジャムをぜひお試しくださいね。

124_2409
写真でお分かりになるでしょうか。皮はスライスではなく、すりつぶしたようなつぶつぶ感を出しています。一般的なマーマレードと違い、爽やかなオレンジの風味をそのまま閉じ込めたような豊かな味わいです。
(試作用のビンなので丸いですが、実際はいつもの140g入・8角ビン入りになります。)

124_2415
果汁感も楽しめますよ。

8月17日(日)に控えた、アースデイマーケットに間に合わせるべく、お盆休みのさなか、ジャム工房さんに作っていただきました。
製造を快くお引き受けくださり、感謝いたします。

今回は有機JAS認定(生産工程者)のジャム工房さんにお願いいたしました。出荷の際は金属探知機を通しており、より安全なものをお届けいたします。

2008年8月13日 (水)

8月のアースデイマーケットに出店します。8月17日(日)開催

8月17日(日)代々木公園・けやき並木でのアースデイマーケットにトコトワが出店します。

新商品・和歌山県産のバレンシアオレンジジャムもお目見えします!
入荷がマーケットの2日前とぎりぎりになりそうですので、詳細は、もう少々お待ちくださいませ。

また、紅玉りんごの蜂蜜ジャムが残りわずかとなっております。
残数は 15個(2008年8月13日現在) 。
ご入用の方はお早めにご来店くださいね。
※次回の入荷は紅玉りんごの収穫時期・10月下旬~11月以降を予定しています。

ご試食もできますので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいね♪

2008年8月 9日 (土)

バレンシアオレンジ農園訪問 番外編

前回のブログの続きです。

バレンシアオレンジ農園を後にして、秘密の場所に案内してくれるという木村さんのお話で農園よりもさらに、断崖絶壁(トコトワ店主にとっては(苦笑;;)な、もちろんガードレール無し!(ひやひや;;)の車がやっと通れるような道を登って行くと・・・。

123_2357
絶景が広がっていました!田辺湾が一望です。
ちょっとお天気が霞んでいましたが、空の色と海の色が同じ青色で美しく、
素晴らしい眺めで感動です♪

写真、下部分(手前)の集落がバレンシアオレンジ農園のある、田辺市秋津野地区。
海の近くが田辺市街(和歌山県)です。

123_2369
秘密の場所から、木村さんのお宅へ伺うと、トコトワのジャムにするバレンシアオレンジがちょうど箱詰めされていました。
こんな風景に抱かれたオレンジさん達の蜂蜜ジャムをみなさまにお届けできるかと思うと嬉しい限りですね♪

2008年8月 5日 (火)

日本のバレンシア?! バレンシアオレンジ農園訪問

毎日夏の太陽が元気な日が続いていますね。
トコトワ店主はさらに、太陽がまぶしい!明るい空が広がる紀州田辺の「バレンシアオレンジ農園」に行ってまいりました。

訪ねたのは和歌山県田辺市で、有機質堆肥・減農薬栽培で柑橘類の栽培をされている、「木村農園」さん。
田辺市は黒潮の恵みを受けた温暖な気候で、特に、木村さんの農園がある秋津野地区は一年中柑橘類が収穫できる、 まさにオレンジの里♪

01
オレンジ色の丸で囲んだ辺りがバレンシアの農園。
山の上を目指します。

車がやっと通れるような山道をぐるぐる、ぐるぐる~。
木村さんの絶妙な運転で難なく車は山を登りますが、道にはガードレールなど無し!
オレンジさんは太陽に近い場所に居るということを肌で感じます(笑;

123_2348_r1
山の上、バレンシアオレンジ園に到着。
さらに、日差しが強く、青い空と、眼下に秋津野地区が見渡せます。
日差しが強いので、影が濃いですね。スペインのようです。まさに、日本のバレンシア?(笑)

123_2342
果樹は山に沿って斜面に植えられています。右下にレールのようなものが見えますが、
収穫したオレンジを運ぶための移動滑車。これができるまでは重いオレンジを背中に
背負って運んでいたそうです(泣)おかげでずいぶんと楽になったとか。

05
こちらは木村さんのおじいさんの代からあるバレンシア。樹齢80年!
まだまだ現役です(笑)

農園のバレンシアオレンジは和歌山県の農業試験場に入ってきてからすぐに植えたそうで、栽培の歴史も長いです。

06
80年の貫禄を感じさせる、立派な幹です。どっしりと頼もしいですね。

123_2306
こちらは5年目のバレンシアの木。小さくても、もう実が成っています。
接木をすると果実の味が良くないそうで、小さな苗木からじっくり木を育てています。

今までの写真でオレンジ色の実が見えないと思いますが、バレンシアは1月に袋がけしてから、収穫する直前まで袋(緑色)をかけて大切に育つため、太陽の下のビジュアルは緑なんですね。オレンジなのは収穫する早朝だけ(笑;

122_2297_a_2
写真(クリックで拡大します)の
・「1」が今年収穫する果実。収穫直前まで袋がけ。
・「2」は来年収穫する果実。適度な水分が抜けて、ゴム鞠のようになるまで育ててから、1月~袋がけして越冬し、7月から収穫します。
・「3」はたまたま、袋がけをしていない果実。肌が青いですね。

日本のバレンシアオレンジは袋がけをしないと5月までオレンジ色に色づいていた実が
「3」のような青い色に戻る「回青現象(かいせいげんしょう)」というものが起こります。
青く戻るということは、光合成がまた始まるということですから、栄養分を取り込むために
余分な水分が入り、水っぽいバレンシアになってしまいます。
木村さんの農園では、バレンシアオレンジ本来の美味しさをお届けするために、手間ひまをかけてひとつひとつ袋がけをしています。

また、みかんなら半年程度で収穫となりますが、バレンシアオレンジは1年以上も木々の上で熟成を待って育てられます。長い時をかけて大切に大切に育ったオレンジなんですね。

02
袋が取れたバレンシアオレンジは、青い部分もなく、つやつやとしたオレンジ色です。
肌の表面が少し凹凸があるのが分かるでしょうか。ちょっと筋肉質?になるのが国産バレンシアオレンジの特徴です。輸入のバレンシアオレンジは日本に到着してから、貯蔵庫の中で熟させるので肌は平らなまま。国産はちゃんと木成りで熟します。

123_2335
山の上。田辺・秋津野の四季を感じて育ったバレンシアオレンジも巣立ちの時。
強い日差しを最後に受けてみなさまの元へまいります。
(日差しが強いので背中は陰が濃くなってます)

ということで、新製品は「バレンシアオレンジのマーマレード」です。
さわやかな美味しさを詰めて、8月中旬辺りの発売を予定しております。
どうぞお楽しみに♪

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

蜂蜜ジャム◆トコトワ

  • http://www.tokotowa.jp
  • 蜂蜜ジャム◆トコトワ
    トコトワは自然の素材を生かした手作り蜂蜜ジャムのお店です。有機質堆肥・減農薬栽培(又は無農薬栽培と同等)の、国産の果物と天然蜂蜜のみで作られた季節の味わいがギュッと詰まった低糖度のジャムは天然酵母のパン等にもぴったりです。ジャムは全て限定生産品です。
無料ブログはココログ