« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月23日 (木)

アースデイマーケット出店します☆2012年3月 井の頭公園

井の頭公園のアースデイマーケットに出店します。
今回は、3月3日(土)、4日(日)の開催で大人から子供まで楽しめるワークショップも
ありますよ。 
※トコトワは3日(土)のみの出店です。

蜂蜜ジャムは、ご試食をご用意しています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
「井の頭公園 井の頭自然文化園向い」
日程:3月3日(土)
時間:10:00〜16:00  
アクセス

※場所は、井の頭自然文化園の出入口(吉祥寺通り)を挟んで
 向かい側のエリアです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★季節限定販売~無農薬いちご
毎回大好評のトコトワのいちごジャムに使っている、無農薬いちごも一緒に
お持ちします。※放射性物質検査済みです。不検出(検出限界1Bq/㎏)でした。
どうぞご安心してお召し上がりくださいね。

2012年2月21日 (火)

Metro min・メトロミニッツ No.112号(2月20日発行)にトコトワが掲載されました。

2月20日発行のMetro min・メトロミニッツ No.112号は、東京の市(マルシェ)特集で、
アースデイマーケットが掲載されています。トコトワもご紹介いただきました。

Metro_min_no112

Metro min・メトロミニッツは、東京メトロ駅構内で無料配布しているフリーマガジン。
お店の情報だけにとどまらず、我々が生きる、21世紀の新しい世界への扉を開いてくれる
知的な情報も満載です。

人気のある情報誌で、あっという間に無くなってしまうとは聞いていましたので、
都心の友人に声をかけたら、発行日なのにすでに入手できなくてびっくり。

翌日、大きなターミナル駅で入手できたようで、画像を送ってもらいました。。
トコトワ店主もこもこな服装です。いつもお手伝い頂いている、看板娘の可愛いDちゃんの優しい瞳。。。

編集部のみなさま素敵にまとめてくださり、ありがとうございました。
蜂蜜ジャムもお気に召して頂いて、嬉しかったです。

2月26日(日)に出店するアースデイマーケットのお隣では、自然派ワインマルシェ
同時開催されます。
なんと100種類以上の自然派ワインを購入することができるんですよ。
素敵な一本にめぐり合えそうでわくわくしますね。
テイスティングには予約が必要で、すでに完売間近だそうです。
さあ、今すぐ、予約しちゃいましょう。

自然派ワインマルシェ 

アースデイマーケット出店します☆2012年2月 代々木公園・けやき並木

2012年2月のアースデイマーケットに出店いたします。
ご試食もご用意していますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

今回は、自然派ワインマルシェも同時開催です。
試飲にはテイスティングチケットが必要ですので事前予約がお得です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
「代々木公園・けやき並木」
日程:2月26日(日)
時間:10:00~16:00
アクセス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
★季節限定販売~無農薬いちご
毎回大好評のトコトワのいちごジャムに使っている、無農薬いちごも一緒に
お持ちします。※放射性物質検査済みです。不検出でしたので、
どうぞご安心してお召し上がりくださいね。

※放射性物質検査は、(検出限界1Bq/㎏)と高度な測定機器で行っています。

2012年2月20日 (月)

洋梨農園訪問

洋梨ジャムも新物になりましたので、遅くなりましたが、秋に訪れた生産者訪問をアップします。
-------------------------------------------------------------------
秋の風が爽やかな10月中旬、山形県高畠町の洋梨の生産者、中川洋梨園さんの農園へ伺いました。果樹栽培に適した山形県の中でも有機栽培が盛んな高畠町は、ラ・フランスの苗を初めて導入した地域です。

01_2
農園の目の前の通りの標識はなんと!これです。
さすが、ラ・フランス発祥の地(笑)

02_2
周囲にはりんごの木の防風林。洋梨の樹々を守っています。

03
ラ・フランスとシルバーベルが共に育つ洋梨園の中。
草生栽培のため、地面は草で覆われています。除草剤を使っていない証拠です。


04
こちらは、シルバーベル。トコトワの洋梨ジャムに使っています。
甘さの中にも爽やかな風味があり、柔らかな味わいです。
ラ・フランスの選び抜かれた子供として、山形で誕生した、生産量が非常に少ない希少品種です。

05_2
大型の洋梨で、大きいものは500g位あります。(決して大味ではないです。非常に美味。)
作業中、たまに落ちてくることがあって、頭が痛い。と中川さん。
やっぱり(笑;;

06
こちらは、ラ・フランス。中川さんの代で4代目の洋梨園には、100歳を超える樹があります。

07_2
堂々たる風格の100歳を超える、ラ・フランス。

08
根元もどっしりと立派です!周囲の若木との差が歴然ですね。

中川さんのおじいさんが、皮の表面はざらざらして見た目は良くないけれど、
老木の洋梨の方が美味しいと話していたとか。風雪に耐えて幹(枝など)が傷つくと、
樹の自然治癒力として、毛細管現象が強化されて栄養を吸収する能力が若木より
発達しているそうです。

老木の果樹は、栽培も手間がかかりますし、実の数も少なくなりますが、
自分の幹を大きくすることより、果実や種子に養分を蓄えようとしますから、
凝縮された奥行きのある味になるのですよね。

自然の豊かさ深い味わいは重ねた月日が作るのだと改めて納得です・・・。

09
さて、枝に近づくと新芽が見えます。※赤矢印の部分。
この芽はこのままでは終わりません。

何度も分けつして、芽ができますので、まずひとつ選りすぐります。
そしてまた分けつしたら、ひとつ選りすぐるということをして、一番良いものを選りすぐっていくのです。
この作業は雪の降り積もる中、始まります。

果樹栽培というのはそうやって手間と愛情をかけて一つの実になります。
生きた証が細胞に詰まっているのですね。

果実の受粉にはミツバチが欠かせませんが、こちらでは「マメコバチ」で行っているそうです。
マメコバチは、通常のハチよりも身体が小さく、ほとんど刺すこともありません。
10
こちらが、マメコバチの巣。葦の筒が住まいです。
葦の中では、幼虫が発育中。。。

マメコバチの足元には、炭。
炭は、土壌改良や有用微生物の働きを活発化させる働きもありますので、
撒かれていることはよくありますが、ケナフの炭だそうです。
11

ケナフ炭は初めて見ました。
紙の材料になるだけに、繊維が細かくバラバラとほぐれます。

洋梨園を出て、外を望むと山々が連なって、あれが、蔵王だよ(青い矢印のところ)
中川さんが教えてくれました。
12
冬はこの果樹園の上まで、雪が降り積もるのです。なので、剪定していると、
道路の人を見下げる形になるそうです。
大雪だと、雪かきがそれはそれは大変だそうです。

生産地訪問をするたびに、思いますが、果樹栽培というのは、一年を通しての作業も多く、その土地の土壌や気候風土もありますので、長く見守って育てていかなければならないものです。

たったひとビンのジャムですが、この中に様々な風景や気持ちが集まって、美味しさにつながることを感謝すると共に、伝えていきたいと思うのでした。

13
秋晴れの里は、美しく、中川さんや土地の方の温かな心に出会えた、洋梨園訪問となりました。ありがとうございました。

 

2012年2月16日 (木)

洋梨ジャム・新物から容量と価格変更して、お求めやすく。

洋梨の蜂蜜ジャムが新物となりました。
今回も追熟に時間をかけて、完熟の洋梨ならではの、柔らかな果肉に
ふわっと蜂蜜の香るジャムに仕上がりました。

今回は追熟のタイミングがよかったですので、
なめらかな食感が絶妙です。

また、容量を140g入→120g入へと変更し、価格もお求めやすく
いたしました。

027_2
右側が新物・洋梨の蜂蜜ジャム。ビンが変わりました。

028

洋梨ジャム 120g入 950円 

※60g入は変更はございません。

2012年製造分のジャムから、140g入を順次、120g入へと変更していく予定です。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

蜂蜜ジャム◆トコトワ

  • http://www.tokotowa.jp
  • 蜂蜜ジャム◆トコトワ
    トコトワは自然の素材を生かした手作り蜂蜜ジャムのお店です。有機質堆肥・減農薬栽培(又は無農薬栽培と同等)の、国産の果物と天然蜂蜜のみで作られた季節の味わいがギュッと詰まった低糖度のジャムは天然酵母のパン等にもぴったりです。ジャムは全て限定生産品です。
無料ブログはココログ